当法律事務所は千葉市・千葉県の案件を主に取り扱っていますが、その業務は、事務所の拡大に伴い、広範にわたっています。現在の主な業務内容の分類は以下のとおりです。
詳細については各項目をご覧下さい。

企業法務(顧問)

dummy box

当法律事務所では、千葉市・千葉県の企業をはじめ、近県の企業との間において多数の顧問契約を締結しております。
企業経営を取り巻く最近の社会経済構造の変化や一連の法制度改革の下で大規模な法律事象や、複雑かつ高度の専門性を要する法律事象が急増しています。このような状況に対処し、企業間競争を勝ち抜いていくためには、高度の専門知識・ノウハウを有する法律事務所による法律的サポートが不可欠です。また、企業が一定の規模に達した際には、様々な法律問題の発生が不可避であり、法律問題に対する対応の遅れが、企業の存続を左右しかねません。
当法律事務所は、数多くの企業と顧問契約を締結しており、企業法務に関する高度の専門知識・ノウハウを有しております。また、所属弁護士が緊密に連携し組織的対応を行っており、広範な法的ニーズに迅速に対応するよう心がけています。

▲ 上へ戻る

 

一般民事事件

dummy box

金銭貸借、不動産賃貸、契約締結といった、主に私人間の法律問題である一般民事事件は、もとより発生しないことが一番ですが、発生してしまった場合には、きちんと対応しないと、取り返しのつかない事態が生じてしまう場合があります。
当法律事務所では、多数の一般民事事件を取り扱っており、これまで多数の事件を解決してきました。その知識と経験を生かして、発生した法律問題を適正な解決へ導いていきます。
また、調停・訴訟は、半年以上の時間がかかるだけでなく平日に行われるため、当事者の皆様には現実的に対応することが困難であることが多く見受けられます。
もちろん、本人でなければできないことやご協力いただく事項はありますが、当法律事務所にご依頼いただければ、調停・訴訟の期日は、原則として当法律事務所において対応し、皆様の負担を軽減することができます。

▲ 上へ戻る

 

交通事故

dummy box

交通事故は、日常生活を営んでいる中で、誰の身の上に対しても不意に襲ってくる可能性を有しています。
不幸にも事故に巻き込まれてしまった場合、多くの場合は交通事故の処理に長けた保険会社との交渉に発展することとなります。
保険会社との交渉では、専門的知見の有無によって、その結果が大きく左右される場合があり、弁護士費用を払ったとしても、専門家たる弁護士に依頼することが、結果として有利な結論を導くことになることが大多数であるというのが実情でしょう。
当法律事務所では、これまで多くの交通事故の相談を受け、依頼者にとって最大限の利益となるように事件処理を行ってきました。
不幸にも交通事故に巻き込まれてしまったなら、お気軽に当法律事務所にまでご相談ください。

▲ 上へ戻る

 

家事事件(離婚・相続)

dummy box

家族、身内に不幸が生じてしまった場合、お亡くなりになった方の財産について相続の問題が生じてきます。
相続問題においては、全く予想しなかった親族間の骨肉の争いに発展することも少なくありません。
離婚事件においては、親権、財産分与、慰謝料の算定など、困難であるものの必ず乗り越えなくてはならない問題が山のようにあります。また、成田空港が存在する千葉県においては、国際離婚という困難な問題もあります。
当法律事務所では、多くの相続事案を解決してきた実績があります。
また、離婚事案については、女性弁護士が当法律事務所に在籍しているので、女性の立場に立った適切な助言も期待できます。

▲ 上へ戻る

 

労働事件

dummy box

当法律事務所が所在する千葉市を管轄する千葉地方裁判所においては、労働審判制度による労働事件の解決が非常に多くなっております。
労働審判制度は、近年導入されたばかりの制度であり、迅速な労働事件の解決を可能とするものです。迅速な労働紛争の解決は、企業側、労働者側の双方にとって有益であることは明らかでしょう。
当法律事務所では、同制度導入直後から、同制度のもとで労働事件を解決してきました。また、当法律事務所には、企業側から労働事件を多く取り扱う弁護士が在籍しており、適切な事件解決が可能となっています。

▲ 上へ戻る

 

刑事事件、少年事件

dummy box

刑事事件、少年事件においては、逮捕直後からの迅速な対応が非常に重要です。
家族や社員などが逮捕されてしまった場合、直ちに当法律事務所までご連絡ください。
当法律事務所には刑事事件、少年事件を多く取り扱っている弁護士が在籍しており、依頼人の利益となる適切な助言などが期待できます。
また、弁護士に依頼すれば、早期に適切な接見を行うことで、被逮捕者が事実と異なる供述をすることを防止し、冤罪を回避することが可能となります。また、身柄拘束の回避ないし早期解放を実現するためには、弁護士による示談等の弁護活動が重要な意味を持っています。
刑事事件、少年事件は、時間との勝負です。
迷う前にぜひご相談ください。

▲ 上へ戻る

 

債務整理(任意整理、民事再生、破産)

dummy box
【手続きの概略】
 
任意整理 → 手続きの流れ
債権者と個別に合意し、残元金を3〜5年で分割払い
民事再生(個人再生) → 手続きの流れ
債権者の過半数の同意により、現在の財産額または残債務の一定割合(通常20% ※最低100万円)のいずれか高い額を3年で分割払い
住宅ローンのみ支払いを継続し、住宅を確保する特例あり
破産 → 手続きの流れ
現在の財産を清算して、債務の支払いを免れる(債権者の同意不要)

経済状況の変化等により、収入に比して多額の負債を抱え、自らの努力では債務の支払いが継続できなくなることは、避けられない経済事象です。
そのような場合、弁護士等の法律専門家に依頼して、経済的再生を図らなければ、経済面だけでなく精神面も追い込まれ、豊かな生活ができなくなるだけでなく、家庭・人生そのものが崩壊しかねません。
約束通り返済することも非常に大切なことですが、それがやむなくできなくなってしまった時には借入を清算することも同様に大切なことです。
当法律事務所では、最良と考えられる債務整理の手続を依頼者の立場に立って検討し、依頼者の経済的再生のお手伝いをさせていただいておりますので、ぜひ一度法律の専門家たる弁護士等にご相談ください。

▲ 上へ戻る